兵庫県姫路市・特別養護老人ホーム・介護老人福祉施設・デイサービスセンター・在宅介護支援センター・地域包括支援センター

しらさぎの里

>
イベント案内・報告

 

 

イベント案内・報告コーナー

ご報告: 兵庫県知事認定「兵庫県・地域サポート施設」に認定されました。

 兵庫県では、多様な生活支援体制の構築に向けて、地域のニーズを踏まえて地域貢献活動を行う特別養護老人ホームなどに対し、知事認定制度が創設され、平成30年10月1日に初年度認定施設として、しらさぎの里も知事認定されました。

 しらさぎの里は、平成2年にはじまってから、長年地域の皆様から温かいご意見やご協力をいただきながら、施設内に限らず地域のなかで、いろいろな取り組みを実施してまいりました。

 現在行っている取組として、「ふれあいサロン」「介護者教室」「介護予防教室」「介護予防体操教室」「男の料理教室」「健康料理教室」「地域ミニデイサービス」「介護相談室」「地域見守り隊活動」「地域交流講演会」等がございます。

 しらさぎ福祉会は、社会福祉法人として地域に貢献することを使命のひとつとし、介護保険サービスの実施に加え、地域が必要とする社会資源を生み出し、地域生活の安心につながるよう、今後も尽力してまいります。

 

 

 

ご報告: 高年齢者雇用開発コンテスト ”特別賞” を受賞しました

  社会福祉法人しらさぎ福祉会は、このたびの大改修工事において働きやすさを考えた設備整備と取り扱いしやすい介護機器を導入し、定年の時期を60歳から70歳に見直しました。つまり、高年齢になっても安心して長く働きつづけることができる職場づくりに取り組んできました。 

 その取り組みが評価され、厚生労働省及び独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構主催の「高年齢者雇用開発コンテスト」において”特別賞”を受賞しました。 現在も高年齢者が知識や経験、技術を活かしてそれぞれの専門部門で活躍中です。 

 介護や看護、機能訓練指導、運転手など資格や経験、知識をお持ちの皆さん、しらさぎの里で社会・地域に期待されるお仕事をしませんか?!  高年齢者の方が安心して働ける職場環境がここにあります。

 

 

   まだまだあります「イベント案内・報告」のページ 

 

 

 

 

 

 

 地域との合同による土砂災害避難訓練を実施しました 

(平成30年9月11日)

 昨年度に、姫路市危機管理室や消防署、地方気象台の協力を得て実施した第1回目の訓練からの学びを活かして、今年も地元自治会や近隣住民、消防団の皆様との合同訓練を実施しました。

 住民や消防団との声の掛け合い、避難時の通路の確保など前回よりも改善された面がある一方で、さらに新しい課題をに気づき、より安全かつ短時間で、より多くの命をお救いすることへの意識を高め合いました。

 防災講演会では、山崎断層などの地震災害をテーマに、姫路市危機管理室よりご講演いただきました。今回の講演をきっかけに、地震災害発生時を想定した訓練も計画してまいります。

 

 

 

しらさぎの里祭りを開催しました  (平成30年9月23日)

 今年は、夏の猛暑を避け、秋祭りとして屋内をメインステージとして開催いたしました。

 入居者の皆様は、チームに分かれて玉入れ、魚釣り、パン食い競争などに参加され、日頃みられないほどの活気と勢いに職員もびっくりです。思い切り運動した後には、しらさぎ音楽隊による心地よい音楽演奏に合わせて歌を熱唱。ご家族との記念撮影もナイスショットでした。

   

 

 

お天気最高! チューリップを見に行ってきましたよ(平成31年4月17日)

 春はお花見の季節です。      

そうです。チューリップもきれいですよね。

しらさぎの里の皆様も、チューリップ畑で

心地よいそよ風と美しい花をご覧になられ

ました。穏やかな春の訪れを感じることが

できました。

 色鮮やかな花畑にうっとり(^^♪